暗闇演劇を初めてご覧になる方へ

暗闇演劇とは?

「暗闇演劇」は大川興業の登録商標です。

2011年7月には、暗闇演劇の「舞台演出支援方法」の特許を取得しました(特許第4773944号)。世界初の暗闇演劇は、2003年の「Show The BLACK」から始まりました。それまでの本公演の中でも、15分だけ真っ暗闇のシーンというのはありましたが、いつかは全編、暗闇の「暗闇演劇」を上演したいという大川豊の思いが実現したものです。

この暗闇というのは、いくらその中にずっといても、まったく目が慣れてこない真の闇です。日常生活では、決して体験することがない闇です。この中で、お客様は、視覚以外の感覚が研ぎ澄まされ、今までにない芝居の見方を体験することができます。

暗闇演劇は、単なる朗読劇のようなものではありません。役者は、明るい舞台とまったく同じように動き、台詞をしゃべり、演技をしています。もちろん、暗視ゴーグルなどをつけているわけではなく、お客様と同様にまったく見えていません。稽古場に劇場と同じ空間を作り、真っ暗闇の中、稽古をしています。その訓練の結果、暗闇の中でも明るい舞台と同じように演技ができるのです。お客様は、単に音を聞くのではなく、気配も感じ取ることができます。視覚以外のすべての感覚をフル回転させ、舞台を楽しむことができます。この機会にぜひ「暗闇演劇」を体験してください。

暗闇で怖くないの?

「暗闇演劇」は、暗闇の中でお客さんを脅かすような主旨のものではありません。

また、暗闇であることに不安を感じている方もいらっしゃると思いますが、実際にご覧になった方の感想を聞くと、「とても落ち着いて、逆に安心感があった。」「お母さんのおなかの中にいるみたいだった。」など、恐怖を感じた方は、ほとんどいらっしゃいませんでした。

ただ、念のため、暗所恐怖症の方、心臓の弱い方、妊娠中の方はご遠慮ください。

途中で出られないのでは?

万が一、途中で気分が悪くなられた場合は、入場時にペンライトをお客様全員にお渡ししていますので、これで、足元を照らしていただいて、外に出ることができます。

また、自力で出ることが難しい場合は、手を挙げていただければ、スタッフがお迎えに行きますので、ご安心ください。

暗所恐怖症が心配な方にも安心の返金シムテム

まれに暗所恐怖症の方がいらっしゃいますので、ご気分が悪くなられて、お帰りになる場合、開演後10分以内でしたら、チケット代金を全額返金いたします。

暗闇初心者のお客様のために万が一の場合、退出しやすいお席をご用意します。

チケットご購入後、大川興業(03-3457-7625)まで、お電話下さい。席には限りがございますので、お早めにお電話下さい。

防犯対策は大丈夫?

客席内には、何台もの暗視カメラが設置されており、モニターで、お客様の安全を確認しております。また、客席内には、暗視ゴーグルを持ったスタッフが常時いて、お客様の安全を確認しております。

女性のお客様には、女性限定席もご用意しております。
(数に限りがございます。)

2008年に上演されました大川興業第33回本公演「THE BACK OF BLACK」のオープニングシーンがご覧になれます。