コラム

2015.10.08. 暗闇演劇の衣装、実はすごいんです

暗闇演劇においては、舞台の素材、衣装、靴にも大変お金をかけています。 素材によって発する音が違うからです。そこに非常にこだわっています。 たとえばジャージの「シャカシャカ」という音ひとつとっても、ブランド、素材によって音が変わってきます。ゴアテックスか、ポリエステルかでも音が違います。靴も革靴なのかスニーカーなのかで音が違ってきます。 明るい中では気にならないことも、暗闇の中ではとても重要な要素になるのです。もし、照明がついていて舞台の上が見えたとしても、お客さんにそれぞれの役柄が伝わるように作っています。 たとえば「THE BACK OF BLACK」には切優(きりゆう)という演出家が出てきますが、この演出家はサングラスをかけています。 もちろん最後の最後まで暗闇の舞台で演技をし、お客さんへの挨拶も暗闇の中でするのでお客さんへは見えません。 「まったく意味がない」と言われたりもしますが(笑)、我々はそれくらいこだわって舞台を作っています。 ぜひ体験してほしいと思います。

真っ暗な稽古場で、ナイトショット機能で撮影しました。
真っ暗な稽古場で、ナイトショット機能で撮影しました。