歴史

2008年 「THE BACK OF BLACK」

2008年 大川興業第33回本公演「THE BACK OF BLACK」  

作・演出:大川豊
出演:大川豊、寺田体育の日、玉置ピンチ!、阿曽山大噴火、鉄板■魔太郎、チャンス大城、三好宏明 他

2008年9月25日〜28日
東京 下北沢 ザ・スズナリ

2008年10月4日〜5日
神戸 神戸アートビレッジセンター

2008年10月18日〜19日
名古屋 愛知県芸術劇場小ホール

舞台監督:海老沢栄
照明:近藤隆文(㈱エアー・パワー・サプライ)
音響:真沢則子
宣伝美術:Huse inc.

物語

「黒の裏」「暗闇の裏」、つまり暗闇演劇の裏で活躍する舞台監督の物語。
暗闇演劇では、実は舞台裏に一番の物語がある。舞台監督は暗闇の中、役者を匂いや服の素材の違いで判別して誘導している。舞台装置、大道具、小道具もその手触りで判別し、セッティングしなければならない。 声が出せないのでモールス信号のように無線連絡をしたり、時には暗視ゴーグルでお客さんの安全を確認し、誘導したりと、まさに舞監特殊部隊のような活躍をしている。
ある時には、役者が方向を迷って着替えが間に合わず、舞台上で着替えをしていた。すると舞台監督はその衣装を置き忘れたものと勘違いし、慌てて運ぼうとした。まるで大岡裁きの子どもの引っ張り合いのように役者と舞台監督が衣装の取り合いになったこともあった。
また、ある時には役者が本番中にどうしてもトイレに行きたくなり、自分のセリフがないときを狙って暗闇の中、スズナリのトイレに向かった。当然、舞台裏ではトイレに行かせたら大変なことになると思い、舞監チームがタックルして取り押さえた。 暗闇演劇の裏では、そんな激しいバトルが日常的に繰り広げられている。
そんな暗闇の舞台裏を皆にお届けする。

th33_Fly_omote 
チラシ表面

th33_Fly_ura_Tokyo
チラシ裏面(東京)

th33_Fly_ura_Nagoya_Kobe
チラシ裏面(神戸・名古屋)

th33_Poster
ポスター