お客様の声

初めて暗闇演劇を体験したお客様の声

2012年「Lock’n’Roll」アンケートより

■真っ暗で、音と気配だけの空間で、心が動かされました。自分の内側で何かいろんな動きがあったなあ、と思えた舞台で、すごく感銘を受けました。

■声の位置や足音で、目の前にあるはずのものを想像するというのが、とても新鮮で楽しかったです。

■初めて、真っ暗の中での演劇に触れて、すごく興奮しました。いつもより、音や台詞が頭に入ってきて、すごく感情移入しました。

■人の動く気配だけで「観る」なんて初めてでしたが、自分の中のイメージする登場人物像がこんなふうに動いているのかな?といろいろ想像できて、面白い体験でした。

■暗闇だからこそ、自分の想像する景色のみを頼りに楽しむことができました。なんとも言えない感覚がやみつきになりそうです。

■だんだん目が慣れてくると思ったら、最後まで何も見えず、本当に暗闇劇でした。でも、見ているうちに暗闇ということを忘れてきました。

■普段、視覚にどれだけ左右されていたのかわかりました。まるで、自分が主人公になったように錯覚に陥りました。貴重な体験でした。

■視覚ではなく、耳と全身で感じるお芝居なので、すごく物語に深く入り込んで、心で感じる舞台でした。

■初めてで、ドキドキしていましたが、実際に体験してみると、不思議な安心感がありました。本当のテーマは、物理的な闇ではなく、「心の闇」だと理解しました。

■初めて体験させていただきましたが、すべてが裏切られ、スバラシイの一言です!!

■声の場所、気配だけで絵が見えるような体験は新鮮でした。

■何か感性が研ぎ澄まされるような感じがあり、とても楽しく見せていただきました。

■目から得る情報ではなく想像することで、ストーリーがより深く心に届いたように感じました。

■経験したことのない緊張感と面白さとドキドキ感を味あわせてもらいました。

■言葉がストレートに心に届きました。大川興業が世界で唯一行っているという、オリジナリティが素晴らしいと思います。